意外と知らない青汁の効能

知っているようで知らないのが青汁の効能だと思います。 青汁というのは、ご存知のように様々な野菜や果物などが入っています。 メーカーによって主要な効果や効能は違ってきますが、 大まかに分けると、ダイエット、便秘、がん予防、皮膚疾患、アンチエイジング、血液が さらさらになるなどすばらしい効果があります。

今、大まかな効能を書きましたが、なぜこんなにもいろいろな効能があるかと 言いますと、メーカーはいろいろですが主成分はほとんどの青汁がビタミン群です。

ビタミンはほかの栄養素をスムーズに循環させる役目があります。 このとても大事なビタミンは体の中で自分で作ることができないので、 外から取るしかありません。

このビタミンには大きくわけてビタミンA・B・C・Eと4つの成分があります。 ビタミンAは目や皮膚の粘膜部分にとても必要な栄養素です。 視力低下を防いだり、体の免疫機能を維持したり、呼吸器系に抵抗力をつけたりなど、 とても重要な栄養素です。 ビタミンBはとても役割が多く、種類もB1.B2.B3、B5、B6、B12と豊富です。 今回は青汁の主要ビタミンということでAとCに注目したいので、 B群の効能についてはこちらでお話させていただきます。

そして、注目といいましたビタミンCですが、これは皆様よくご存知だと 思いますが、風邪の時はビタミンCと言われるほど取ろうとしますね。 これは、ビタミンCが抵抗力を強化してくれるからです。

ほかにも、ビタミンCにはがん予防、動脈硬化や脳卒中の予防、傷の治りを早くしたり、 コラーゲンの生成の助けにもなっていますので、進んで取りたい栄養素です。

今回、ビタミンA、Cに注目しましたが今回は青汁のほんの一部を効能を紹介しただけです。ビタミンA、Cだけでもこんなにもたくさんの効果があります。 もちろん、突き詰めていけばビタミンだけでももっともっとたくさんの効能があります。

その上、青汁はとても飲みやすくなりました。 昔は苦くて苦くて飲めない人もたくさんいらっしゃったと思います。 しかし、今の青汁はとても飲みやすくなり、お子様でも飲んでいる方もいらっしゃいます。
ビタミンはストレスを緩和するとも言われていますから受験生のお子様は飲まれるといいかもしれませんね。

ページトップへ

MENU

Copyright (C) 青汁 紹介サイト All Rights Reserved.